名もなき詩



誰も私を呼ぶことはない
たくさんの音が私にぶつかり
たくさんの声が私をすりぬける

誰にもなれない  何にもなれない
大切な何かが足りない

あなたは何もしない
私は独り
手を貸すこともなく  立つことを待ってる

その瞳は真実
何も言わない
だけど あなただけが
私を決める

ずっと独りなら さびしいなんて 思わない

あなたの声にならない声が
私を見つける

たったひとつの 私の真実(なまえ)

確かな私が今
ここに立っている






広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー