届かない声と贈る旋律2



------何かをなくしてしまった町の話。


 

 たくさんの花とたくさんの緑、たくさんの笑顔がそこにはあった。
 決して豊かな国ではないけれど、そこには豊かな笑顔があったのだ。
 彼らは忘れない。戦車がやって来た日を。
 彼らは忘れない、父や母や家族を奪われた日のことを。

 そんな駄目になってしまった町の話。

 
 そこは本当に小さな町。
 ある人が言うには、
「何があるわけはもないけれど、平和と笑顔がウチの売りですから。」
 きっとそんな町。

 戦争が始まったのは5年前。
 その町がどこかへ攻め込まれたわけでも、攻め込んだわけでもなかった。
「隣の国が、本国に攻め込んだらしい…」
「違うだろ、本当は本国が領土拡大のためにって話だよ」
「ええ!?でも新聞じゃあ・・・」
「そりゃあ、領主さまが侵略を認めるはずがないだろう」
 飛び交う噂。でも、人々はまだ心配なんてしていなかった。
 だって。
 ここは安全な町だから。戦いなんて起きたこともない。
 平和の象徴。

 町の若い男たちに対し、徴兵令が出たのはそれから10日後のことだった。


 返してほしいのは温もりと。
 大切な思い出。
 色とりどりの花、笑顔、優しい涙。
 もう、取り戻せないかもしれない。大切な宝物。

 何が悪かったのだろう――おそらくは何も知ろうとしなかった無知。
 町から青年たちがいなくなって、それでも町は不安にもならなかった。
 だって、本国にお仕事に行っただけだから。
 すぐに戻ってくるわよと。
 そう信じる無知は責められるものなのか。
 国に逆らうことで今、どうなっていたか。
 そんなことは誰にもわからない。

 唯一つある事実。この町に、本来の籍を置く青年は一人もいない。
 それは確かなこと。

 なくしたものは若い命か。
 残された者たちの心の空虚か。
 
 奪われた笑顔と、その聞こえない悲鳴だけがそれを知っている。


<BACK                                       NEXT>

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー