届かない声と贈る旋律



------ある何も持たない詩歌いの恋の歌。


一つの街に一人の吟遊詩人。
歌うことが大好きで、お金も拍手も貰える保証はないのに、
彼は笑顔で歌い続ける。

「僕の心に羽を生やし
 飛んで行けたらいいのに 君の元へ
 
 でも忘れないで 僕らは足を持つ人だということ
 人は地に 鳥は空に帰っていくこと・・・」

雨の日も風の日も彼は歌い続ける。
ある一人の少女に届くように・・・

「毎日が過ぎてく中で 僕たちは本物を探してる
 それが何なのか知るものはいないだろう

 僕の声は過去という闇の中に向かっていく

 それでも聞いて、聞いてください・・・」

彼の声は彼女には届かない。否、誰の声も届かないのだ。
戦争で両親を失った少女、戦いを憎み、全てを閉ざした。
自ら耳をふさぎ、口をも閉ざす。
その顔に笑顔はない。

「正義なんて言葉にごまかされないで
 本当に正しいことはだれにもわからない

 君の悲しみは僕の痛み
 今 ここにいる僕に気付いてください・・・」

かつて花のように笑っていた少女。彼女から花を奪ったのは闇。
戦争という闇。奪われた命。広がる深い暗い海。

「君が笑わないのなら 僕が笑おう
 君がいつでも笑えるように・・・」
 

僕から君に一つの愛を送ろう
形にならない 記録に残らない
それでも確かな愛

この旋律(メロディー)を君に送ろう
それが僕にできることのすべて


<BACK                            NEXT>



広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー